Information

2017.10.4

じゅんじゅんSCIENCE ダンス公演
「街角」に出演します。

去年初演いたしました「街角」が今回再演の機会をいただき、出演させていただきます。
初演の時から目指していたことに改めて取り組むことを通して、作品が深化していくことをリハーサルで感じています。
再演って大事なことだなぁ、と改めて。
新たなダンサーも迎えて新しい風を取り組みつつ、初演時から目指す「ダンス」に愚直に取り組んでいます。
お時間ありましたら是非!

じゅんじゅんSCIENCE

街角

渋谷スクランブル交差点。驚愕と笑いに満ちた目でビデオを回す外国人観光客は、あの風景に何を見るのだろう。
秩序。混沌。ドラマ。そして多分、神様の振付も。
信号が変わるたび、向こうから歩いてくる人々の群れは緩やかに自分を包み、そして後ろへ消えていく。
それぞれが違う時間を抱えながらも、この一瞬を何事もなかったかのように通り過ぎる。

昨年2016年に製作した「街角」という作品の再演です。
僕は、交差点に佇んで人波を眺めるのが好きで、そんなふうに体の動きや人の流れを愛でるようなダンス作品を作りたい、というところから作品作りは始まりました。関わってくれたダンサーのパワーもあり、いい風が吹いたのですが、「もっともっと」という気持ちは盛り上がるばかりで。その気持ちを新しい作品にぶつけるよりも、せっかく出来た芽を育ててみようと思い立ち、初演から約一年後のこの秋に、またいい風を吹かせる予定です。新しいものも悪くないのですが、じっくり熟成していくという方向性もあっていいのでは?公演自体を打つことですら大変なこのご時世、再演をやる機会なんてそうそうないんですよ。だからこそ僕は堂々と再演やります。今回お世話になる劇場といいますかスペースは、元遊技場だったらしく2階はボーリング場、地下は大浴場があった昔の社交場だったってわけ。そんな場所をできるだけそのままでアートスペースに!というなんともいきのいい若者たちが舵をとるこの場所にのっかっての上演と相成りました。舵といったけど、この場所 BUoY (ブイ) という名前です。港に浮いている浮標のことですね。まさに船出。ここから羽ばたくこれからの才能に混じって、えっちらおっちら漕ぎ出して行こうかと。
再演で船出ってことは、宇宙戦艦ヤマトじゃんね!燃えるなあ。乗組員 (ダンサー)も、とびきり活きいきのいいのが揃ってます。
そもそも地下で街角ってどういうことよ?なんてツッコミを入れたあなた!
そう、そんなあなたのために作ってます。
街角の喧騒の中の、一瞬の奇跡を愛するあなたへ。

高橋 淳 

【日程】

2017.11.1(水)-4(土)
1日(水) 20:00 2日(木) 20:00 3日(金・祝) 14:00/19:00 4日(土) 14:00 開演
※各回開場は30分前 / 受付開始1時間前

【会場】

BUoY北千住アートセンター http://buoy.or.jp

〒120-0036 東京都足立区千住仲町49-11
アクセス:東京メトロ千代田線・日比谷線/JR常磐線/東武スカイツリーライン「北千住」駅
出口1より徒歩6分、西口より徒歩8分
京成本線「千住大橋」駅より徒歩7分

【演出・振付】

高橋 淳

【音楽】

山中 透

【出演】

金森温代 小山柚香 長屋耕太 久井麻世 三橋俊平 森川弘和

【料金】

  • [前 売] 3,000円 [当日] 3,500円
  • ※日時指定・全席自由

【チケット問合せ】

    アンクリエイティブ
  • e-mail office@ancreative.net
  • 03-6271-7970 (受付時間平日11:00~18:00)

【クレジット】

  • 照  明:磯野眞也(アイズ)
  • 音  響:牛川紀政
  • フライヤーデザイン:京(kyo.designworks)
  • 写  真:Eriko Khalesi
  • 制  作:じゅんじゅんSCIENCE
  • 制作協力:アンクリエイティブ
  • 提  携:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
  • 主  催:じゅんじゅんSCIENCE
  • フェスティバル/トーキョー17 連携プログラム
  • 平成29年度芸術文化振興基金助成事業

【お問合わせ】

アンクリエイティブ
tel.03-6721-7970 (受付時間平日11:00~18:00)
e-mail office@ancreative.net